相続・遺言書について

相続について

相続に関わる書類作成や申請代行等、すべての事柄を代行で手続きすることが出来ます。

不動産の相続

あなたのご家族が亡くなられた場合に、その方が生前に土地や建物などの不動産を所有していれば、その相続人名義に不動産の名義を変更する登記が必要になります。

当事務所にご依頼いただければ、戸籍等の必要書類の収集から遺産分割協議書・相続関係説明図の作成、登記申請まで一括して代理いたします。

預貯金の相続

預貯金も重要な相続財産となるので、不動産の相続登記と同様の手続をします。

預貯金は民間の金融機関がそれぞれ取り扱いをしていますので、それぞれの金融機関に対して、別々に手続きを行う必要があります。

株式や投資信託、公社債の相続

株式や投資信託、公社債も、重要な相続財産として、預貯金と似たような相続手続をする必要があります。

お問合せ

相続放棄について

相続放棄をする場合は、相続開始を知ったときから3か月以内に、家庭裁判所に書類を提出する必要があります。3か月が経過すると、通常後から放棄が出来なくなります。

家庭裁判所には相続放棄の申述書と、戸籍謄本等の書類を一緒に提出しますが、司法書士に依頼すると、司法書士がこれら手続のすべてを代行します。

遺言書について

相続について、あらかじめ遺言で決めておけば、将来、親族間で争うことを防ぐことが出来ます。仲が良かった家族が、相続が原因で疎遠なる場合も多く、裁判になる場合もあります。

もしもの時に備えて遺言書を作成しておきましょう。ご自身の気持ちを伝えることができ、家族間のトラブルも防ぐことができます。

遺言書の様式は厳格で、ひとつ間違えると、法律上、遺言と認められないこともあります。遺言書の書き方指導も行ってますので、お気軽にご相談下さい。

相続に関わる料金の目安

費用および料金の概算については、以下を参考にして下さい。登録免許税等の実費および消費税は含まれておりません。下記料金は、あくまでも目安です。

具体的な料金は、調査内容・物件数・難易度により異なります。お話を伺った後、改めて、お見積書を提出させて頂きます。お見積りは無料です。お気軽にご相談下さい。

所有権移転(相続) 50,000円~
遺産分割協議書作成 10,000円~
自筆証書遺言原案作成 20,000円~
公正証書遺言(立会含む) 80,000円~

お問合せ

投稿日:2018/10/14 更新日:

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2018 All Rights Reserved.