住宅ローン完済時の抵当権抹消登記の手続き

住宅ローンを完済したら、それで終わりではありません。担保も必要なくなるので、抵当権も抹消登記を申請しなければいけません。

しかし、住宅ローンを完済しても金融機関が(銀行、信用金庫、住宅金融支援機構:旧 住宅金融公庫等)が抵当権を抹消してくれることはありません。
抵当権の抹消登記は、所有者側でしなくてはいけません。

住宅ローン完済後の抵当権抹消登記の流れ

住宅ローンを完済から、抵当権抹消登記のご依頼から完了までの流れです。

①金融機関からの抵当権の抹消書類を受け取ったら

住宅ローンを完済したら、借入先の金融機関(銀行、信用金庫、住宅金融公庫など)から抵当権抹消登記に必要な書類一式が郵送されてきます。抹消書類は、ローン完済して1ヵ月後ぐらいに送られてくるケースが多いです。

金融機関からの抹消書類を受け取りましたら、抵当権抹消のご相談・ご依頼のご連絡を下さい。ご連絡はお電話又はお問い合わせフォームからお願いします。

郵送ではなく、金融機関の窓口で受け取るをする場合もあります。
もし、お仕事等で平日の受け取りが難しい時は一度ご相談下さい。金融機関によっては、依頼を受けた司法書士でも受け取りの対応をしてくれる場合があります。

②お会いして、抹消書類を確認します。

ご連絡を頂きましたら、面談(直接又はオンライン)となります。
面談時には、金融機関の抹消書類一式をお持ちください。

金融機関の抵当権抹消書類を確認して、手続きの流れと料金のお見積金額をお伝えします。
ご納得されましたらご依頼下さい。初回のご相談は無料(1時間)ですので、まずはお話を聞いて後日お返事でも構いません。

その場でご依頼いただく場合、認印と本人確認書類(運転免許証等)がありますと手続きが早く進みます。

③料金と手続きに納得したら、ご依頼下さい。

ご依頼となりましたら、金融機関の抵当権抹消書類一式をお預かりします。
また、不動産の所有者からの、登記申請用の委任状に署名、捺印もお願いします。

抹消書類と所有者からの委任状が揃いましたら、登記手続きに入ります。

④完了後、ご連絡します。

抵当権抹消登記の手続きを完了したら、こちらからご連絡いたします。

連絡時に完了書類の受け渡し日時、場所を決めます。完了後の書類受け渡し時に、現金にて料金をお支払い頂きます。
お振込みの場合、書類の受け渡しまでにお支払い下さい。

お問合せ

© 2021 愛実司法書士事務所