生前贈与 勉強会 贈与について 不動産について

第1回勉強会④ 生前贈与の税金は?贈与税の他にも税金がかかるの?

投稿日:2017/3/22 更新日:

2月10日開催の第1回 相続・贈与の勉強会 土地の生前贈与は、

  1. 贈与とは?
  2. 不動産を贈与したときにかかる税金と税金の控除について
  3. 不動産の贈与の手続き
  4. 贈与した場合、気を付けること
  5. 生前贈与を考えてもいいケース

上記の内容でお話しました。勉強会については、順番に書いています。

と書いています。前回は税金の贈与税について書きました。今回は贈与税以外について書きます。

贈与税以外の税金

②不動産を贈与したときにかかる税金には贈与税、不動産取得税、登録免許税と毎年課税されるもに固定資産税・都市計画税があります。

不動産取得税は、その名のとおり、不動産を取得した時に課税される税金です。これは取得した時のみに課税され、毎年課税されることはありません。

不動産取得税は、不動産の価格に税率3%(平成28年の愛知県)をかけて算出します。この時の不動産の価格は市町村の固定資産評価額です。土地の場合は固定資産評価額の2分の1です。

贈与税を算出した時の価格は路線価で、不動産取得税は固定資産評価額です...紛らわしいです。

登録免許税

登録免許税は、不動産の名義を変更する登記申請の時に、法務局に納付します。申請の時に納付するので、司法書士の報酬と合わせて払っていると思います。土地・建物ともに市町村の固定資産評価額の2%です。

固定資産税・都市計画税は毎年支払う税金です。毎年4月~5月に市役所から固定資産税の納付書が送られてくるので、知っている人も多いと思います。

・固定資産税は固定資産評価額に税率1.4%をかけて算出します。
・都市計画税は固定資産評価額に税率0.3%をかけて算出します。

ちなみに、贈与税は国税、不動産取得税は県税、登録免許税は法務局、固定資産税は市町村とそれぞれ納付先が違います。問い合わせ先も違うので、気を付けてくださいね。

次回は、生前贈与した場合と、相続の場合との違いを書きます。

岩倉市の昭和カフェ「いいかふぇ」さんのランチです。デザート付きです。


 

いいかふぇさんは、五条川の近くにあって、居心地のいいカフェです。

代表の林潤(めぐみ)です。オフィス名は、ご依頼者さまの愛(気持ち)が実りますようにとの思いを込め名付けました。私の名前の「めぐみ」もかけています。(^o^)

身近にある法律問題や心配事等、「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2018 All Rights Reserved.