不動産について

不動産売買の決済、ネット銀行から振込む時の注意点

投稿日:2019/3/15 更新日:

不動産売買の決済の話です。不動産売買の決済で、買主から売主への売買代金の支払いは、銀行振込で行います。

目の前に現金を用意して支払う、そんなことはほどんどありません。現金で受け取ってもすぐ銀行口座に入金しますし、現金を持ち歩くのも危険すぎます。

銀行振込をするので、不動産売買の決済は銀行でおこないます。通常は買主の利用する銀行の支店になります。

では、買主が支店のないネット銀行の口座から振り込むことはできるのでしょうか?

ネット銀行の口座から、売主の銀行口座へ振込

不動産売買の決済で、買主のネット銀行の口座から売主の銀行口座へ振り込みは、もちろんできます。その決済に立ち会ったこともあります。ネット銀行を使う場合、自己資金のみで不動産を購入するケースがほとんどです。

ネット銀行では、パソコンやスマホのインターネットバンキングで振込をするので、銀行の伝票に記入する必要はありません。銀行で決済する必要はありません。

決済の場では、司法書士(の私)が書類を確認し、問題がなければ、買主に対して「売主へ支払いをして下さい」とお伝えします。そしたら買主はスマホ(又はノートパソコン)で、ポチポチと振込の手続きをします。売主の銀行口座に着金の確認ができれば終了となります。

ネット銀行を使う場合、注意することがあります。

売主の銀行口座への着金の確認

ネット銀行では、振込は(ほとんどの場合)24時間いつでも手続きができます。

しかし、手続きは24時間いつでもできても、実際に売主の銀行(他行口座)に振込まれるのは、翌日となることもあります。手続きをした時間によっては、翌日になることもあります。

売主の銀行口座への着金確認ができないと、決済が終了はできません。着金が翌日となると、登記申請も翌日になってしまいます。

ですので、他行口座への振込が当日になるかの確認は、必ず事前にして下さい。

振込金額の限度額の確認

ネット銀行では、一日の振込限度額が設定されています。不動産売買は高額ですので、限度額を超えるケースが多いと思います。

限度額を超える振込をする場合の手続方法は、必ず事前に確認して下さい。当日変更できるだろう、なんて軽く考えないでください。多分できないです。

銀行の支店から振り込むときは、銀行員さんが教えてくれますが、ネット銀行ではそうはいきません。オペレーターにすぐ繋がらないかもしれません。

必ず確認をして下さい。決済が流れた原因が、買主のネット銀行から振込ができなかったから、なんてことにならないように!

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2019 All Rights Reserved.