日記・雑記

ひな祭りの思い出

投稿日:

久しぶりのブログ更新です。
司法書士ですが個人事業主ですので、毎年恒例の確定申告!
ちゃんと2月中に提出しました。
確定申告も終わったことですし、ブログをコツコツと書いていきたいと思います。
本日のブログは雑感です。相続・登記に関する情報はありません。

3月3日はひな祭りですね。大人になると何もすることはありません。
日付をみて「33のゾロ目の日」だな~と思う程度になってしまいました。
それでも、ひな祭りケーキは買いましたよ。美味しかった!
ひな祭りケーキって昔(40年前)ありましたか?ひなあられを食べてたことしか覚えてません。

ひな祭りの思い出、とは言っても楽しいことではありません。
私は三姉妹の末っ子ですから、ひな人形は姉の誕生の時に買った物です。
私の記憶にあるのは、新しいひな人形ではなく、古くなった人形です。
そしてこの人形、親の保管方法が万全ではなかったので、三人官女のうち1名の顔面が斜めに割れていたんですね。
マジで怖い。

さらに怖い場面がありまして、親は仕事が忙しくて、ひな人形を飾るのは子供のお仕事だったんです。
7段飾りでしたので、土台の組み立てまでは親がしてくれました。それからが子どもの担当です。
人形を飾るには、まず収納場所である屋根裏で、ひな人形の入っている箱を見つけるなくてはいけません。箱を開ける。
箱を開けたら顔面の割れている三人官女が!!!
暗い屋根裏で、三人官女その他五人囃子がごちゃごちゃに入っていて、人形の視線が!!しかも顔面が割れてるし本当に怖かった!!
姉とキャーキャー言いながら飾ってたので、楽しい思い出でもあるのですが。

もちろん、翌日に片付けられたことはありません。皆無です。
最長で端午の節句まで飾ってあったことがあります。
両親とも仕事をしてるとそうなりますよね。
懐かしい思い出です。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2019 All Rights Reserved.