相続について 不動産について

相続登記はいつまでにするの?

投稿日:2018/1/29 更新日:

時々お客様から「相続登記はいつまでにするの?」と聞かれます。(相続登記とは、亡くなった方から相続人へ不動産の名義を変更することです。)

しかし、相続登記には期限はありません。いつまでにしなくてはいけない! なんてこともありません。相続税の申告は亡くなってから10ヶ月以内なので、相続登記も期限があると思わてれいるんだろうな~と。

だからと言って相続登記をしなくてもいい訳ではありません。所有者不明の土地になりかねません。ではいつ相続登記をするのがベストなのでしょうか?

正直それぞれのケースによって違います。

相続税の申告がある場合(つまり相続税を支払う)は、相続税の申告までに相続する人は(多分)決まっているので、相続税の申告後すみやかにするのがいいですね。時間の余裕があれば申告前でも大丈夫です。

相続税の申告をする必要のない場合(相続税を払う必要がない)は、相続人同士で話し合い(これを遺産分割協議といいます)、相続する人が決まったら相続登記をします。

遺産分割協議をいつまでにするかの決まりもありませんから、49日の法要の時、一回忌の時、2年後や5年後でもいつでもいいです。相続する人が決まったら相続登記をして下さい。決まったらできるだけ早く相続登記をして下さい。

相続税を払わない場合でも、相続登記を急いでした方がいいケースもあります。

例えば、相続人が高齢者の場合など、のんびりしていると相続人が亡くなって次の相続が始まってしまう可能性が...そうなったら相続人も増えてしまいます。気を付けてくださいね。

法律上は30年後、50年後に遺産分割協議をして相続する人を決めて相続登記をするのでも問題ありません。手続きは大変になるとは思いますけど。

では自分の家の相続は、相続登記を早くしたほうがいいのか?、ゆっくりでもいいのか? 迷いますね。

そんな時はまず専門家(司法書士とか)に相談して下さい。近所に司法書士はいると思います。ネットで検索したり、電話帳などで調べたり。

それでもいきなり連絡するのはちょっと...という時は、各県の司法書士会が開催するの相談会や市役所・区役所などの無料相談会が開催されていますので、それを上手に使ってくださいね。

愛知県司法書士会では毎年2月に「相続登記はお済みですか月間」としています。2月は相続に関する面接相談や電話相談を(確か)無料で開催してます。よかったら相談してみはいかがでしょうか?

代表の林潤(めぐみ)です。オフィス名は、ご依頼者さまの愛(気持ち)が実りますようにとの思いを込め名付けました。私の名前の「めぐみ」もかけています。(^o^)

身近にある法律問題や心配事等、「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2018 All Rights Reserved.