会社登記について

会社の実印

先日、会社設立登記のご依頼があり、無事に株式会社を設立しました。設立登記は完了するとホッとします。

会社を設立する時、法務局に設立登記を申請します。法務局に登記をしないと会社が設立されたとはいえません。その設立登記申請と同時に、法務局に印鑑を登録します。会社の実印となるものです。

個人の実印はお住まいの市町村の役所で登録しますが、会社は法務局に登録します。印鑑証明書も法務局で発行されます。

では、どんな印鑑でも登録できるかと言えば、そうでははありません。

会社の実印として登録できる印鑑

会社の実印として登録できる印鑑として、法務局からは、

「印鑑の大きさは、辺の長さが1㎝を超え、3㎝以内の正方形の中に収まるものでなければならない」

とあります。ですから1㎝~3㎝内の印鑑であれば何でも登録できます。大きさしか指定されていませんから、丸型である必要もありませんし、社名が入ることも指定されていません。全く違う社名が彫られた印鑑でも、実印として登録することができます。絶対お勧めしませんし、止めますが。

それでも、有限会社から株式会社へ移行した会社で、有限会社の時の印鑑をそのまま使っている会社もありました。印鑑証明書と押印の印影が同じでしたので、問題なく実印として書類に押印いただきました。法務局の申請も通りましたよ。

会社設立の時の印鑑

会社設立する時は、どんな印鑑を作るか迷いますね。そんな時は、印鑑屋さんの「法人3点セット」を購入すれば問題ありません。実印、銀行印、角印の印鑑3点セットです。

実印と銀行印は丸印なので、実印として登録する時や、金融機関で登録する時は注意が必要です。通常は枠に沿った外側に会社名彫られています。その内側に実印の場合は「代表取締役印」、銀行印は「銀行之印」と彫られてます。間違えそうな場合は、シールやテプラとかを貼って区別しておくといいと思います。

ただ印鑑は人によって思い入れが(開運印とか?)があるので、シールとかを貼るのを嫌がることも。材質にこだわる人もいますし、印鑑の扱いは慎重にしないといけません。

では、実印と銀行印は分ける必要があるか?聞かれると、必ず分けなければならない、ということはありません。会社の印鑑を1本しか作っていない場合は、実印と銀行印と一緒でも仕方ないと思います。お勧めはしてませんが。

代表取締役の個人の実印を、会社の実印として登録しているケースもありますが、これでも問題はありませんが、お勧めはしてません。会社と代表取締役個人と、同じ書類で押印が必要となった時に、同じ印鑑が並ぶというのもどうかなと思います。

つらつらと書きましたが、印鑑を決めるのはその会社の代表取締役です。法務局の指定の大きさであれば、好きなように作るのが正解だと思います。

代表の林潤(めぐみ)です。

身近にある法律問題や、高齢になって発生する問題などの不安・悩み・心配事に対し、依頼者と一緒に解決に向けて取り組んでいます。

「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2019 All Rights Reserved.