ブログ

改めて法務局の業務を調べてみました。

投稿日:2018/6/7 更新日:

「法務局」司法書士的には、不動産登記や会社登記を申請するところです。

しかし、法務局をまったく知らない人へ説明しようとすると、これが難しい!こんな時は、公式ホームページを確認です。

法務局法務局は法務省の地方組織の一つとして、国民の財産や身分関係を保護する、登記、戸籍、国籍、供託の民事行政事務,国の利害に関係のある訴訟活動を行う訟務事務、国民の基本的人権を守る人権擁護事務を行っています。」

法務局HPの法務局の案内より

分かるような、分からないような・・・

法務局の業務は大きくわけて、民事行政事務、訴訟事務、人権擁護事務の3つの業務があります。登記は民事行政事務ですから、不動産登記や会社登記は民事行政事務にあたりますね。勉強になりました。

戸籍も法務局の業務なの?市役所じゃないの?と思われるかもしれませんが、出生、死亡、婚姻などの登録は各市町村ですが、「全国統一的に正しく処理がされるよう法務局の職員が専門的な見地から、助言や指示等を行っています。」とのことです。各市町村でバラバラではいけませんからね。

国籍は外国人が日本の国籍を取得しようとする場合の帰化に関する事務とかですね。帰化も法務局ですね。供託・・・これは、多分、一般的には、馴染みが薄いかな。

明日は供託について話ます。

代表の林潤(めぐみ)です。オフィス名は、ご依頼者さまの愛(気持ち)が実りますようにとの思いを込め名付けました。私の名前の「めぐみ」もかけています。(^o^)

身近にある法律問題や心配事等、「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2018 All Rights Reserved.