ブログ

法務局の登記相談は予約制です。

投稿日:2018/6/6 更新日:

昨日は、愛知県司法書士会の相続無料電話相談会について書きましたので、今回は法務局の登記相談についてです。

私の事務所は名古屋市西区にあります。ですから、ここでは管轄の名古屋法務局の登記相談についてお話します。
名古屋法務局での登記相談は予約制です。愛知県、岐阜県、三重県にある法務局の登記相談は予約制です。多分ですが、どの法務局も登記相談は予約制だと思います。

直接窓口で予約もできますが、事前に電話予約をしたほうがいいと思います。せっかく法務局まで来ても当日に相談できなくて、仕方なく帰っていく方を見たことがあります。

相談の時に用意した方がいいものとしては、不動産登記だと登記事項証明書(謄本)ですね。法務局で取得できるので、事前に取得することを強くオススメします。

取得には1通600円かかりますが、これはケチってはいけません。謄本にはその不動産に関する権利関係が記載されていて、この謄本を見ることで所有者は誰か、担保に入っているかを確認します。

相談員は、この謄本を見ながら登記申請の手続きについての相談をしてくれます。

相談する時には、例えば相続登記であれば、戸籍や相続人の簡単な説明図や固定資産評価証明書を用意したり、抵当権抹消であれば銀行から送られてきた書類一式を持っていいくなど、相談員に説明する書類は持って下さい。相談員は専門家だからと言っても、ある程度の説明、書類がないと的確な相談ができません。

その他にも、登記相談を利用するにあたってのお願いが書いてあるります。リンク先は名古屋法務局の案内です。

登記相談は不動産登記が20分、会社登記は15分と決まってますから、時間を無駄にしないためにも事前の準備は万全にして下さい。名古屋法務局の登記相談の場所は3階になります。

以上は名古屋法務局での登記相談ですが、どの法務局であっても、登記相談に行かれる方は必ず法務局のホームページで確認して下さい。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2019 All Rights Reserved.