ブログ

6月3日は測量の日

投稿日:2018/6/3 更新日:

6月3日は「測量の日」です。

測量法が昭和24年6月3日に公布され、平成元年に満40年を迎えたことを機会に、測量の意義と重要性に対する国民の理解と関心を高めることを目的として、6月3日を「測量の日」として制定されたそうです。

司法書士は測量をしません。測量をするのは土地家屋調査士さんや測量士さんです。でも不動産売買では、隣地の境界を確定させるために売買前に測量をする場合が多いです。

隣地との境界があやふやな土地は購入したくありませんからね。測量は大切です!とのことで測量の日が制定されたのでしょうが、関心が高まるというのは?ですよね。

国土地理院のホームページには色々なデータ、地図があります。

例えば月面の地図や空中写真など。活断層図もあり、自分の住む地域の活断層が分かって防災に役立てるかもしれません。その他にも地盤地図情報とかあって中々便利ですよ~。

無料で閲覧できるので、測量の日に国土地理院のHPを除いてみではいかがでしょうか。ちなみに土地家屋調査士会の「杭を残して悔いを残さず」のスローガン(?)は結構好きです。

代表の林潤(めぐみ)です。オフィス名は、ご依頼者さまの愛(気持ち)が実りますようにとの思いを込め名付けました。私の名前の「めぐみ」もかけています。(^o^)

身近にある法律問題や心配事等、「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2018 All Rights Reserved.