ブログ

ギャンブル依存症の対策として、貸付自粛制があります。

ギャンブル依存症を知ってますか?

ギャンブル依存症とは、ギャンブルにのめり込んでコントロールができなくなる精神疾患です。経済的、社会的、精神的にも問題が生ずるにもかかわらず、ギャンブルを止めることができない状態です。

ギャンブルをしている人がすべて依存症ではありません。

ギャンブル依存症の経済的問題として、ギャンブルの資金として消費者金融、サラ金、ヤミ金などからの借金を繰り返してしまうことがあります。

その対策として、平成31年3月29日から日本貸金業協会や一般社団法人全国銀行協会は、連帯して貸付自粛制度を実施しています。貸付自粛制度自体は以前からありました。

貸付自粛制度とは

ギャンブル等依存症や浪費の習癖がある人を「自粛対象者」として、日本貸金業協会や全国銀行個人信用情報センター(一般社団法人全国銀行協会)に申告することにより、一定期間自粛対象者として登録されます。

自粛対象者が、銀行や消費者金融から借入をする際の審査に、この情報が利用されます。

ただし自粛対象者であるから、銀行や消費者金融から借入ができなくなる、そこまでの拘束力はありません。自粛対象者でも、銀行や消費者金融が貸し付ける判断をした場合、それを止めることはできません。

自粛対象者として申告できるのは

自粛対象者として申告できるのは、本人または法定代理人です。一定の要件を満たせば、親族からの申告もできます。

詳しくは、日本貸金業協会または全国銀行個人信用情報センターにお問合せ下さい。

日本貸金業協会

全国銀行個人信用情報センター

代表の林潤(めぐみ)です。

身近にある法律問題や、高齢になって発生する問題などの不安・悩み・心配事に対し、依頼者と一緒に解決に向けて取り組んでいます。

「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

© 2020 愛実司法書士オフィス