ブログ

相続税を計算する時の土地の価格

投稿日:

先日、土地の評価額についての研修を受けました。

土地価格は、一物四価。つまり、1つの土地に4つの価格があります。実勢価格、公示価格、相続税評価額、固定資産評価額の4つです。複雑ですね。

司法書士が不動産の登記申請で用いるのは固定資産評価額です。この評価額に登録免許税の税率をかけて算出し、登記申請時に納税します。

研修は相続税評価額についてです。

相続税評価額

相続税を算出する時の、土地の価格は路線価を基準に計算します。路線価は国税庁のHPに載ってます。

相続税の算出ですから、土地の価格はできるだけ低い方がいいです。つまり、土地の評価の減額要因としては、どのようなものがあるかが重要となります。

基本は道路に接している四角い土地です。それが土地の形状がひし形であったり、凹凸があると、減額要因となる可能性があります。

地目も謄本上の地目がそのまま相続税の評価でも使われるのではありません。現状で地目の判定をします。地目の判定により評価額に差がでてきます。

相続税の土地の評価額を算定したい場合

土地の評価額の算定は、司法書士ではできません。これは、不動産鑑定士や税理士のお仕事です。

この研修の講師も、不動産鑑定士のいる税理士法人の方でした。

ちなみに、一物四価の、実勢価格は売買取引価格、公示価格は国(国土交通省)や都道府県の地価公示・地価調査です。
土地の評価は複雑ですね。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2019 All Rights Reserved.