ブログ

空き家対策 司法書士会の取り組み

投稿日:

空き家について、少し前のブログに書きました。地元にも思っていた以上に空き家があった、と。

そこで、司法書士も空き家対策に前向きだったと思い、その取り組みを調べてみました。

そしたら、愛知県司法書士会は各市町村と「空家等対策に関する協定」を締結してました。事務所(名古屋市西区)近くでしたら、北名古屋市や稲沢市と締結してます。

協定は「各市町村が行う空家等対策を円滑に進めるため、空家等の所有者の相続登記、管理・処分手続、相談等について連携をして取り組みをすること等を目的としたも」です。

協定の内容は、空き家には、相続登記をしないまま放置されていたり権利放棄などの問題を抱えているものもあります。その結果、所有者の特定が困難になったり、放置状態が長く続き管理状態が悪化するケースも。

そこで、相続登記や裁判所提出書類の専門家である司法書士が、空き家の所有者・近隣の方からの相談に応じたり、空き家の発生を抑止する対策などを、協定を締結した市町村と連帯・協力して取り組むことになりました。

確かに、司法書士は相続登記、不動産登記のプロですから、空き家対策にも最適な専門家ですね。

愛知県司法書士会は地域のお役に立てるように頑張ってますよ!

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2019 All Rights Reserved.