ブログ

令和元年 法務局の謄本は令和1年

投稿日:

令和元年

4/24に法務局から「改元に伴う登記事務の取扱いについて」が通知されました。

それによると、不動産の謄本も会社の謄本も、令和1年と表記されるそうです。謄本=登記事項証明書です。

例えば、会社の設立などは「令和1年5月10日 設立」となります。
不動産を贈与した時は「令和1年5月10日 贈与」です。

平成の改元の時は、平成元年と表記されましたが、今回は違いました。平成の改元の時は法務局はコンピュータ化されてなかったからですね。

法務局への申請書にも「令和1年〇月〇日 申請」と記載することになります。

なお、5月1日以降の申請書に「平成31年5月10日」と記載されていても、平成であることを理由に却下されることはなく、改元後の年が記載されているものとして取り扱うそうです。「令和元年5月10日」と記載して申請しても、却下も補正もないとのことです。

5/7から役所も動き出しますから、準備を始めないといけませんね。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2019 All Rights Reserved.