ブログ

平成最後の日、平成の自分史を振り返る。

投稿日:

今日で平成の時代の幕がおります。
平成は、私にとって高校生から社会人となり、人生の半分以上を生きてきた時代です。

平成の自分史を振り返ってみます。

平成元年からの10年間

平成元年は高校生でした。高校を卒業し大学生になった時、世間はバブルの終盤、バブルが弾ける直前でした。大学を卒業する時には就職氷河期に...。

卒業後は父の経営する会社へ就職。就職活動はほとんどせず、楽な道を選んでしまいました。
そして父が亡くなり、会社は閉じることに。楽な道なんてありません。

平成10年からの10年間

一般の会社に事務職として就職し、数年は会社員として働きました。そのうち司法書士を目指すことを決意。大学は法学部ではなかったので、法律を一から学びました。

平成19年に司法書士試験に合格。試験は3回目の挑戦でようやく合格、勉強を始めてから5年経過してました。最終的には、会社も辞めていたので司法書士の勉強は正直辛かったです。

平成20年から平成31年

司法書士となり、司法書士事務所に就職しました。ここで司法書士の業務を6年間経験しました。この事務所で司法書士の基礎を築き、実務のイロハを学びました。

そして独立し「愛実司法書士オフィス」を立ち上げ、平成31年で5年目となりました。

平成最後の日

そんな平成31年4月30日、私が何をしていたかというと、は宝塚歌劇を観に行ってきました!平成最後の日は夢の世界へ~
面白かった、楽しかったですよ。宝塚歌劇が好きですから、平成最後を宝塚で締めることができて最高です!

平成最後の日、多くの人が平成を振り返ったのではないでしょうか。
私の平成の時代はなかなかの激動でした。

写真は宝塚大劇場の劇場内の写真です。

業務内容(料金料)

Copyright© 愛実司法書士オフィス , 2015-2019 All Rights Reserved.