司法書士への道

【司法書士への道】司法書士になるまで

はっきり言って、司法書士はメジャーな資格ではありません。国家資格でありながら...ちょっと地味。

私がこの国家資格の司法書士を目指したのは30才になってからです。なぜ司法書士の資格を取ろうと思ったのか?

父の死で、法律の知識の大切さを知る

大学は「愛知淑徳大学 文学部 図書館情報学科」です。法律とはまったく無縁の学部です。
卒業後は父が経営する建設会社で普通に事務として働いてました。しかし、父が亡くなり会社を閉めることになり、これがとても大変でした。

父が亡くなった事に関する諸々の手続き→司法書士の先生に依頼。
会社を閉める事に関する様々な件→弁護士の先生に相談。
この経験から、お困りごとを解決してくれる方々(弁護士・司法書士)が存在することを知りました。

そして父の相続の時、司法書士の先生から次の相続の時に起こるかもしれない問題を伝えられました。この時に対策をしたので、次の相続の時はスムーズに手続きが進みました。

この司法書士の先生の対応をみて、事前に対応することでトラブルを回避することができることを知り、法律の知識って大切だな~と感じました。

しかし、まだこの時は自分が司法書士となってアドバイスするとは、まったく考えてませんでした。

事務員をしながら、困った人にアドバイスできるようになりたいと思い始める

その後は不動産会社、分譲マンションの管理会社、リフォーム会社の事務などをしていました。主に不動産業界、建設業界で働いていました。

不動産、建設業の事務作業では、契約書を作成する事が時々あります。不動産売買契約書、マンションの規約、請負契約書などなど。しかし、どれもひな形があり、事務員がするのは、名前や所在地などをちょっと変えるだけです。

そのうち、これらの契約書を読みこなしたい、私も困っている人にアドバイスや、事前にトラブル回避の対応策をお伝えすることができればな、という気持ちが高まりました。

そこで、私にアドバイスをした司法書士の先生のように、法律の知識を身に着けよう、司法書士になろう!と思い立ったのです。これが30才の時です。

5年間の辛い勉強期間を乗り越えて、無事合格!

私は法学部出身ではありませんし、司法書士事務所、弁護士事務所に勤務した経験もありませんので、司法書士試験の勉強は法律の知識ゼロからのスタートです。

司法書士試験に合格するまでの5年間は、それまでの人生の中で一番勉強しました!本当に辛い勉強でした。

法律の知識がゼロというのは勉強には不利でしたが、司法書士として相談者とお話する上では、法律を知らない方、詳しくない方の気持ちが分かるので、良かったなと思います。

この説明で分かるのかな?20代の法律を知らない私だったら、この説明で理解できるだろうか?と考えながら相談者とお話をしています。

司法書士に合格したのが35才。その後、愛知県一宮市の司法書士事務所に6年間勤務させて頂きました。

名古屋駅のミッドランドスクエア2階のコヴァのザッハトルテとコーヒーです。

コヴァはチョコレートで有名!このザッハトルテも濃厚で美味しかったです。

代表の林潤(めぐみ)です。

身近にある法律問題や、高齢になって発生する問題などの不安・悩み・心配事に対し、依頼者と一緒に解決に向けて取り組んでいます。

「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

© 2021 愛実司法書士事務所