ブログ

父の23回忌法要

父の23回忌法要を執り行いました。

当初は今年の4月に予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で10月に変更です。
10月時点でもコロナが終息したわけではないので、参加者は母と私達姉妹だけの少人数です。当初から23回忌ということで、身内だけの小さな法要を予定してましたから問題ないのですけれど。

最近は法要を執り行わない方も多いですね。1回忌はするけど、それ以降はやらないとかよく聞きます。

法要を義務ととらえると、面倒とか、お金がかかるとかマイナスの面ばかりが出てきます。
でも、法要を執り行うと、亡くなった方を思い出します。

お経を唱える事も大切ですが、亡くなった方を思い出し、その人へ想いを馳せることができる、そんな時間ができるのも法要の大切な一面です。

とりあえず、23回忌が無事に執り行えたことと、次の27回忌の法要の確認をして終わりました。

代表の林潤(めぐみ)です。

身近にある法律問題や、高齢になって発生する問題などの不安・悩み・心配事に対し、依頼者と一緒に解決に向けて取り組んでいます。

「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

© 2020 愛実司法書士オフィス