ブログ 不動産について

住宅ローンを延滞したら、団体信用生命保険(団信)の保障がなくなります。

新型コロナウイルスの影響で、住宅ローンの支払いが延滞するケースが増えてるとネットの記事にありました。今年の夏はボーナスも減額した会社もあります。ボーナスを返済に組み入れている人は、減額や支給されなかったら大変だと思います。

そのネットの記事の中で、住宅ローンの延滞した場合のリスクとして優遇金利がなくなるとありましたが、団信の保障もなくなります。そこで今回は団信について書きます。

住宅ローンの団信とは?

住宅ローンの団体信用生命保険(通称:団信)とは、住宅ローン返済期間中に亡くなったり、重い障害の状態になった場合、保険金によって残りの住宅ローンが返済される保障制度です。

団信に入っていれば、返済の途中で亡くなったとしても残りのローンは保険金によって一括返済されます。残された家族はそのまま自宅に住み続けることができます。

もし団信に加入してない場合、住宅ローンの返済途中で亡くなったら、残りのローンは相続人(奥様や子供)が相続し、相続人はローンを支払い続けなければなりません。団信の保障があることは家族にとっても安心です。

団信は住宅ローンの契約した時しか入れません。返済途中から加入できる団信は少ない(というかほぼない)ですから、途中で保障がなくなったら大変です。

延滞何か月で団信の保障がなくなるか?

では、団信の保障がなくなる時期は延滞すぐなのか、それとも何か月後か決まりはあるのかですが、これは気になると思います。
もちろん各社の団信の内容によって違ってきますが、住宅ローンの延滞が1ヵ月だけでしたら保障はなくりません。(延滞を繰り返していたらダメですよ)

しかし、延滞が続くと金融機関から住宅ローンの残りの全額を一括して支払うように請求されます。これを期限の利益の喪失といいます。

期限の利益とは、期限が到来するまで債務の履行を猶予される利益です。難しいですね。
住宅ローンで説明すると「毎月の返済日までは、借り手は借入金の返済を猶予されている」という借り手側の利益のことです。この期限の利益が喪失ですから、金融機関は返済日を待つことなく、住宅ローンの残り全額を一括して請求できることになります。

一括して全額返済できるならローンは組みません。これはつまり、全額返済してください、できなければ担保に入っている住宅を競売する手続きを進めます、という通告みたなものです。

住宅金融支援機構のフラット35の団信の場合、期限の利益の喪失した時に保障がなくなります。

他の団信やフラット35でも内容が違う場合もあるので、契約されている団信の契約書(約款)を必ず確認して下さい。

延滞になりそうな場合の対応

今月の支払いができない、このままだと延滞になりそう、そんな状態になった時の対応は、
「住宅ローンを組んだ金融機関に迷わず相談する」です。まずは金融機関に相談です。必ず延滞前にして下さい。

住宅ローンを延滞した人の相続

なぜ私が団信の保障の大切さを伝えるのかというと、以前住宅ローンを延滞した人の相続の手続きを依頼されたことがあり、その時の経験からです。

相続人は子供2人だけです。どちらも成人してます。手続きの依頼は長男さんからで、次のようなやり取りをしました。

子:「父が亡くなったので、父名義の自宅の名義変更をお願いします。自宅はローンの返済途中です。」

私:「金融機関に問い合わせますが、おそらく団信に加入していると思います。加入していれば、残り全額弁済されるはずです。金融機関に確認後ご連絡します。」とお伝えしました。

相談を受けた時は、「住宅ローン⇒団信に加入⇒残債務は団信で一括返済」と思い込んでいたので、団信の保障がなくなる場合がることを考えてませんでした。単純に考えてたんですね。

しかし、金融機関に確認したら、住宅ローンは延滞している、その債務は保証会社へ移転している、団信の保障もされないと言われました。保証会社にも問い合わせをし、債務の額を教えてもらいました。遅延損害金もあり、子ども達では返済できない額です。

このことを依頼人にお伝えし、結果、相続放棄の手続きをすることになりました。子ども達は実家を出ていたので、父親が住宅ローンを延滞していたことは知らなかったそうです。

相続放棄を選択したのは、債務の金額が多いこと、自宅を売却しても債務額全額は返済できないこと、自宅以外に資産はないこと、子ども達は独立しているので実家がなくても生活できることなど、相続放棄をしても相続人に大きな不利益がなかったためです。
また、亡くなってすぐの相談でしたから相続放棄の期間(亡くなって3ヵ月以内)にも間に合いました。

団信の保障があれば、住宅ローンの残りを弁済してもらえて、実家は残ったのに、と残念に思いました。
団信は自分のためだけでなく、残された家族の安心でもあります。保障をなくさないようにしてください。

代表の林潤(めぐみ)です。

身近にある法律問題や、高齢になって発生する問題などの不安・悩み・心配事に対し、依頼者と一緒に解決に向けて取り組んでいます。

「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

© 2021 愛実司法書士事務所