ブログ

ファイナンシャルプランナー3級の試験に挑戦!

しばらくブログの更新をしていませんでしたが、その間にファイナンシャルプランナー3級の試験に挑戦してました。試験日は9月13日、合否発表は10月23日です。合格しているといいな。

今回はファイナンシャルプランナーの試験について書いてます。司法書士の仕事にはふれてません。

なぜファイナンシャルプランナーの試験を受けたのか?

ファイナンシャルプランナーの試験を受けた理由ですが、司法書士として仕事をしているのでファイナンシャルプランナーの仕事をするために資格が欲しい!ではありません。

今年の2月頃、「ファイナンシャルプランナーの試験を受けると人の一生とお金の流れが整理できるよ。受けて損はないよ。」みたいなこと同じ司法書士の方から言われました。ファイナンシャルプランナーは銀行員や保険営業員が取得する資格と思っていたので、どんなもんか?と思い、家に帰ってさっそく検索。動きが速いのが私の持ち味です。

ファイナンシャルプランナーとは、人生の夢や目標をかなえるための資金計画を立て、経済的側面からサポートする人。家計にかかわるる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要となる。

なるほど、試験内容についても調べてみます。

ファイナンシャルプランナー3級の試験内容

ファイナンシャルプランナーは1級、2級、3級とあり、まず3級から受験となります。3級は午前は学科試験の2時間、午後は実技試験の1時間で、すべてマークシートです。
試験は①~⑥の範囲の中から出題されます。

    ①ライフプランニングと資金計画
    ②リスク管理
    ③金融資産運用
    ④タックスプランニング
    ⑤不動産
    ⑥相続・事業承継

ちょっとだけ詳しく説明すると、
①ライフプランニングと資金計画は社会保険や公的年金の制度について

②リスク管理は、生命保険、損害保険の基礎的な知識について

③金融資産運用は、投資信託、債権・株式投資などの資産運用の基礎的な知識について

④タックスプランニングは、所得税の仕組みや所得控除などについて

⑤不動産は、不動産取引や不動産を取得・保有・譲渡したときの税金など

⑥相続・事業承継は、相続・贈与の法律や税金、相続財産の評価について

こんな内容になります。
不動産や相続・事業承継は仕事でがっつり関わってます。相続にいたってはプロです。
ライフプランニングの社会保険や年金は知識があやふやなので、お勉強しなくてはと思っていた分野です。

これは受けるしかない。ということで、その日のうちに3級の受験を決めました。

ファイナンシャルプランナー3級を受けてみて

ファイナンシャルプランナーの試験勉強の範囲は社会保険や年金、保険商品、資産運用、税金、相続と実生活に深くかかわるものばかりです。

年金は何才から貰えるか?とか夫(いないけど)が亡くなったら年金はどうなる?奥様の生活は?など、様々なシチュエーションを考えながら勉強してました。
社会保険や年金は何となくは理解していたつもりでしたが、それを体系的に勉強できたのは良かったです。仕事のためというより、現在と老後のお金を知る事ができて、個人として役に立つ勉強でした。

ちなみに、社会保険や年金を勉強すると、会社員がどれだけ恵まれていたかわかります。今は個人事業主ですから、守ってもらえる会社はありません。ちょっと切ない。仕方ないから自分で貯めなくては!と思ったら、勉強範囲にはちゃんと金融資産運用があります。

家の購入を考えている人にとっても、不動産の一般的な知識(法律や税金)が学べます。
自分や家族の生活資金、住宅資金、老後資金の基礎知識を勉強したいと思うなら、ファイナンシャルプランナー3級の試験用テキストはいい教材です。ついでに試験も受ければ、資格も取れます!
ただし大きく儲ける話は一切ありません。そこは期待しないで下さい。

おまけ、試験の勉強方法

ファイナンシャルプランナー3級の試験は、ちゃんと勉強すれば難しくはないです。
ちゃんと勉強するとは「テキスト読んで過去問解いてそれを繰り返す」です。これは資格勉強の基本です。この基本を忠実に守って真面目に勉強すれば、今まで金融や保険や不動産を全く知らない人でも独学で合格できます。(多分ね)

私が試験勉強で使用したテキストは「みんなが欲しかったFPの教科書3級」です。テキストを読むだけでも、社会保険、年金、保険、資産の運用、税金などなどの基礎的な勉強ができます。

問題集はテキストと同じシリーズの「みんなが欲しかったFPの問題集3級」

直前対策には「あてるTAC直前予想FP技能士3級」

試験対策はこの3冊のみです。
この「みんなが欲しかったシリーズ」は、ファイナンシャルプランナー3級の試験対策では一番売れている書籍だと思います。試験会場で5割以上の人が持ってましたから。資格試験の専門学校TACの出版会社から出ているので、解説も丁寧で、試験対策も万全です。お勧めです。

テキストに書いてある「効果的な学習の進め方」をそのまま実行すれば合格でききると思います。自分オリジナルの独創的な勉強スタイルがある人は知りませんが、資格試験の基本はテキスト読んで→問題を解くことを繰り返すのみですよ!

私の試験勉強期間は1ヶ月半ほどでした。不安な人はテキストを早目に取り寄せて、内容を確認して自分のペースをつかむといいと思います。
3級が合格していたら、2級にも挑戦するかも・・・

代表の林潤(めぐみ)です。

身近にある法律問題や、高齢になって発生する問題などの不安・悩み・心配事に対し、依頼者と一緒に解決に向けて取り組んでいます。

「こんな事を相談してもいいのかな?」と迷うようなことでも、お気軽にご相談ください。相談者様の不安・悩み・心配事を解消し、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

© 2020 愛実司法書士オフィス