不動産の登記事項証明書(謄本)を法務局に行かないで取得する方法

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

今年も確定申告が始まりました。
確定申告の期間は法務局が混みます。

マイホームを購入した人が、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)を受けるためには、購入した最初の年度に確定申告をしなくてはいけません。その確定申告に必要な書類として不動産の登記事項証明書(「謄本」と呼ばれている書類です)があります。この謄本を取得できるのが法務局です。
マイホーム購入した人やその奥様とか、普段は法務局に用事のない一般人(という言い方がいいのか…)のが来るから法務局は混んでます。子供も連れてくるので賑やかです。

でも法務局の窓口は平日しか開いてません。
平日に仕事を休めない人、共働きの人、そもそも近くに法務局がない人は困ってしましますよね。
しかし法務局に行かなくても謄本は取得できます!
「登記・供託オンライン申請システム かんたん証明書請求」を利用すれば、ネットで請求・支払をして、謄本の原本は自宅に郵送してもらえます。
これです

http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp/index.html

民間ではないですよ、法務省が運営しています。料金も法務局で直接取得するより、ちょっとだけお安いです。
注意することもあります。利用する場合は申請者情報登録をしなくてはいけませんし、ネットバンキングをしていないとできません。間違えました、ATMでも支払いはできるそうです。詳しくはサイトで確認してください。
便利なのですが、24時間対応ではありません。利用時間は平日の午前8時30~午後9時まです。

平日に法務局に行けない、ネットで請求もやりたくない、そんなときは法務局に郵送で請求することもできます。
登記事項証明書交付請求書の用紙に申請者、謄本を取得したい不動産の情報などを記入して、必要分の収入印紙を貼って、返信用封筒を同封して、最寄の法務局に郵送します。1週間ほどで返信されてきます。登記事項証明書交付請求書の用紙はネットでダウンロードできます。
下の法務局のページからダウンロードできます。

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/category_00002.html

 

個人的な意見ですが、法務局で直接取得するのが1番楽で簡単だと思います。

 

 

司法書士業務の確定申告書の作成完了です!

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

今年も確定申告の時期がきました。
確定申告は2月16日からですが、早めに準備をします。開業3年、今回で確定申告も3回目ですので、どうにか慣れてきた感じですね。
今日一日かけて確定申告書を作成、添付書類も用意できたので、あとは申告に行くだけです!

確定申告書ですが、私は国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で作成します。
司法書士の経理は簡単なのでこれで十分です。大きい司法書士事務所だと作成コーナーでは無理そうですけど。
もちろん日々の会計は、会計ソフトを使ってます。そこでコツコツ入力して1年間の貸借対照表と損益計算書を作り、その数字を作成コーナーの該当箇所に入力していきます。すると確定申告に必要な書類が印刷できちゃいます。e-Taxだとそのまま申告できますが、私は書面に打ち出して税務署に持っていきます。

作成コーナーでは過去のデータも読み込むことができるので便利です。
例えば、車やパソコンとかの資産は減価償却をしなくてはいけませんが、この計算もしてくれます。取得金額とかの入力は必要ですが、一度入力しておくと来年からは入力不要です。
私は青色申告の個人事業者なので3年間損失を繰り越せるのですが、その過去データも読み込んでくれます。
開業した年から黒字にはなかなかできません。私もかなりの赤字が出ました、、、が、それも無駄にすることなく、黒字転換したら赤字と差引できます。その計算もしてくれます。便利ですね~

ただしこの作成コーナーでも、そもそもの経理処理の間違いを訂正してはくれません。数字が合わない時は、「○○と合わないので確認して下さい」のメッセージは出ますが、その原因を見つけるのは自分なんですよね。簡単なQ&Aはありますが。
それに「これはどの勘定に入れるべきなのか?」「どう処理すればいいのか?」には対応してません。確定申告書の作成だけですから。
私は簿記2級を持っていて、以前経理の仕事もしてたので自分でサクサク入力しますが、経理とかまったくしたことないと、税理士にお願いするのが楽ですね。

確定申告期間は2/16~3/15までです!

パソコンが壊れた?

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

数年に一度の大寒波が襲来した冬の寒い朝、事務所のパソコンの電源を入れました。
ウィーン・・・(沈黙)電源ランプ消える。
電源が入りません。

これを何十回も繰り返しましたが、パソコンの電源は入りません。
まったく動き出す気配すらありません。
かなり焦ります!

パソコンが使えないと登記申請ができません。書類も作れません。
仕事になりません!!

仕方ないのでパソコンに詳しい専門家に相談しました。
私は司法書士のソフトを導入しており、保守もお願いしているので、その会社に連絡して助けてもらいました。 今回はパソコン本体のトラブルですので、正確には保守内容に含まれてないかもしれませんが・・・

それでも専門家のアドバイスを受けて、どうにかパソコンの電源はが入り、無事に起動できました! 専門家ってすごいです!!!
この日の午前中はずっとパソコンと格闘、、、、疲れました。

でも、なぜパソコンの電源が入らなかったか?
その原因は特定できません。
「このまま使って大丈夫?」「パソコンの買い替えが必要?」
という不安や疑問にも、専門家から的確にアドバイスをもらいました。

結局はこのまま使い続けて、頻繁に電源が入らない症状がでるなら買い替えが必要。問題なければ2020年に買い替えを勧められました。2020年にウィンドウズ7?か10?のサポートが終わり、と同時に司法書士ソフトの切り替え時期もくるそうで。
説明してもらったけど、100%理解はできませんでした。だって、パソコンに詳しくないですからね。

すぐに聞ける専門家がいるって大切ですね。
私も「すぐに聞けて、的確にアドバイスできる相続の専門家」そんな司法書士になろうって、改めて思いました。

 

 

相続登記はいつまでにするの?

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

時々お客様から「相続登記はいつまでにするの?」と聞かれます。
(相続登記とは、亡くなった方から相続人へ不動産の名義を変更することです。)
しかし、相続登記には期限はありません。いつまでにしなくてはいけない! なんてこともありません。

相続税の申告は亡くなってから10ヶ月以内なので、相続登記も期限があると思わてれいるんだろうな~と。

だからと言って相続登記をしなくてもいい訳ではありません。所有者不明の土地になりかねません。
ではいつ相続登記をするのがベストなのでしょうか?
正直それぞれのケースによって違います。

相続税の申告がある場合(つまり相続税を支払う)は、相続税の申告までに相続する人は(多分)決まっているので、相続税の申告後すみやかにするのがいいですね。時間の余裕があれば申告前でも大丈夫です。

相続税の申告をする必要のない場合(相続税を払う必要がない)は、相続人同士で話し合い(これを遺産分割協議といいます)、相続する人が決まったら相続登記をします。
遺産分割協議をいつまでにするかの決まりもありませんから、49日の法要の時、一回忌の時、2年後や5年後でもいつでもいいです。
相続する人が決まったら相続登記をして下さい。決まったらできるだけ早く相続登記をして下さい。

相続税を払わない場合でも、相続登記を急いでした方がいいケースもあります。
例えば、相続人が高齢者の場合など、のんびりしていると相続人が亡くなって次の相続が始まってしまう可能性が…そうなったら相続人も増えてしまいます。気を付けてくださいね。
法律上は30年後、50年後に遺産分割協議をして相続する人を決めて相続登記をするのでも問題ありません。手続きは大変になるとは思いますけど。

では自分の家の相続は、相続登記を早くしたほうがいいのか?、ゆっくりでもいいのか? 迷いますね。
そんな時はまず専門家(司法書士とか)に相談して下さい。近所に司法書士はいると思います。ネットで検索したり、電話帳などで調べたり。
それでもいきなり連絡するのはちょっと…という時は、各県の司法書士会が開催するの相談会や市役所・区役所などの無料相談会が開催されていますので、それを上手に使ってくださいね。

愛知県司法書士会では毎年2月に「相続登記はお済みですか月間」としています。
2月は相続に関する面接相談や電話相談を(確か)無料で開催してます。
よかったら相談してみはいかがでしょうか?

 

司法書士の研修

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

昨日が大寒でした。これから1カ月ぐらいが一年で一番寒い季節ですね。
外出したくありません。
そんな大寒の日、私は研修に行ってきました。

研修は「インドネシア報告~会社・不動産登記編~」でした。
インドネシアでの現地法人の立ち上げについてや、インドネシア国籍の人の相続についての基礎的なお勉強です。

インドネシアの国土は広く、西のスマトラ島から東のパプアニューギニア島の国境までの長さは、アメリカの西海岸から東海岸の広さと同じぐらいだそうです。知らなかった!

研修の中でも、その後の懇親会でも話題となったのはイスラム教について。インドネシア人の88%がイスラム教徒です。結婚、相続もイスラム教について知らないと話になりません。
ちなみに、イスラム教のコーランには相続分についての決め方が記載されているそうです。しかしこれを読み解くのが難しいそうです。

勉強になりました!

 

今年の抱負

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

今年も2週間が経過しました。早いです。
こんな感じで日々が過ぎていくのですね。
光陰矢の如し。

これではいけません。ボーとしていたら1年が経ってしまいます。
そこで今年の抱負を考えてみました。

① 書類・資料の整理整頓

② 本を読む

③ メモ魔になる

「今年の抱負」と書くと大きい目標のように聞こえたかもしれませんが、かなり小粒な抱負たちです。

①整理整頓は当たり前すぎるのですが、司法書士の仕事は紙の書類や資料が多くて、そのうち整理しようと思いつつ放置。ついつい溜まってしまうのです。
それで、まずは基本の整理整頓。

②本を読む。
整理整頓したら新たな知識の投入。でも司法書士業務に関係する本を読むのは当然なので、抱負でいう本は「業務に関係ない本」。
目標は1カ月に1冊。
まずは「コーランをしってますか」阿刀田高著を読んでみようかな。以前買って途中までしか読んでなかった本です。作家 阿刀田高さんの「○○知ってますか」シリーズです。コーラン以外にも旧約聖書、新約聖書等ありますね。

 

③メモ魔はですね、今年からほぼ日手帳をつけることにしたのですが、ほぼ白紙状態!せっかく買ったのにもったいない!
ほぼ日手帳って知ってますか?有名ですから知ってる人も多いと思いますが、1日1ページの手帳です。シンプルです。

ほぼ日手帳 https://www.1101.com/store/techo/

昨年は見開きで一週間の手帳を使ってましたが、1日で書けるスペースは5行程度。これだと予定しか書くことができません。予定の把握なら十分ですが、もっと手帳を活用したい!
そこで調べていくうちにほぼ日手帳を発見!
ほぼ日手帳サイトのみんなの使い方を見ていると、私も使いたくなって2018年版を買っちゃいました。
そして使い始めて気づきました、私メモしない人だった。手帳に書こうと思っても何を書いていいのか、ネタが思い出せない。
そこでメモ魔になってほぼ日手帳に書くネタ探しです。1年後にほぼ日手帳を自己満足レベルにするためです。

①②③とも他人からしてみたら、どうでもいい程度の小さい抱負。でもそこをコツコツ積み上げていこうかな~と。

ブログに書くほどのことではなかったかも。

 

 

 

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

司法書士の林 潤(めぐみ)です。
1月7日なので新年のあいさつもギリギリですね。

私の正月の過ごし方は「家でまったりくつろぐ」です。
海外旅行も国内旅行にも行きません。

でも初詣には行きました。
名古屋の初詣といえば熱田神宮です。
そして商売繁盛として有名なのが、1月5日の熱田神宮 上知我麻神社の初えびすです。

熱田神宮の「初えびす」とは、
”「初えびす」は商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈る祭りで、上知我麻神社、大国主社、事代主社で執り行われます。午前零時の祭典にもかかわらず大勢の参拝者で境内は熱気にあふれ、「えびす」の一番札や「福熊手」を我先に受けようとする様は壮観です。”
―熱田神宮のHPより―

さすがに午前零時にお参りに行ったことはありませんが、すごい熱気みたいですね。午前零時になったと同時にお札や熊手を受けることができるのですが、我先にという熱気が凄いです。気になった方はYouTubeで探してみてください。

私は1月5日の午後から参拝しました。
それでも参拝者は多かったですね。スーツ姿の方も多いです。
この初えびすは面白い風習(奇習?)があり、初えびすでお札を受けたら、誰とも口もきかず寄り道もしないで家に帰るそうです。これ無理ですよね。
熱田神宮には屋台がたくさん出てますから、誘惑に負けてしまいます。ましてや誰とも口をきかずに帰ることはできません。

熱田神宮では初えびすは1月5日ですが、全国的には1月10日が多いみたいです。初えびすは十日戎(とおかえびす)とも言われるみたいです。

もう一つお正月ネタです。
今年は戌年ですね。
名古屋市西区には「伊奴(いぬ)神社」があります。戌年の初詣にぴったりの神社です。
この伊奴神社は673年に建立された歴史のある神社で、安産祈願でも有名な神社です。境内には犬石像もあるので、ぜひ参拝に訪れてみてください。

今回は仮想通貨の相続について書こうと思ってましたが、新年早々に相続についても….と思い、まったく関係ない地域神社ネタにしました。

 

相続登記の義務化?

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

平成29年も終わりますね。
この年末になって司法書士的ビックニュースがありました。
そのニュースとは「土地相続 登記の義務化」です。もちろん義務化はまだ決定ではありません。
現在、相続登記は任意ですから、やりたくない人は放置状態となっています。これを罰則も視野にいれて、義務化となるかも?とのこと。所有者不明の土地の増加、空き家問題の対策としてです。詳しくは日本経済新聞の12/29朝刊を見て下さい。動きがあったらまたブログに書きます。

私個人として今年を振り返ってみると、業務内容としては会社登記、医療法人登記や相続登記などの不動産登記が多かったです。やっぱり司法書士の業務は圧倒的に登記申請が多いですね。

ちょっと変わった登記としては、パキスタン人の相続登記です。無事に終わった時は本当にほっとしました。
パキスタン人の相続登記をするにあたり、パキスタン国(正しくは、「パキスタン・イスラム共和国」です。外務省のHPより)の国について、言語、もちろん法律も調べまして、中近東に興味が出てきたんです。昔、映画のアラビアのロレンスを見て中近東に行ってみたくなったな~というこも思い出したりして、引続き中東についての本を読んでます。

その他としては、民事信託の勉強を始めました。とは言っても愛知県司法書士会の財産管理委員会(主に民事信託の勉強をしているグループと思ってください)に参加して、実際に民事信託業務をしている司法書士の話を聞いたりしているだけですが。この民事信託(家族信託)、これも面白いです。

中近東関係と民事信託、ブログを読んている方の興味の有無と関係なく、ブログに書いてこうと思います!

今年も無事に一年過ごすことができました。
来年もよろしくお願いいたします!
来年はもう少しブログの更新頻度を上げていきたいですね。

 

写真は名古屋市西区上小田井のNico drop cafe のキッシュランチです。キッシュはカボチャとブロッコリーと里芋とベーコン、美味しいですよ。パンはふわふわの白いパン、私の中で白いパンはハイジの白パンです。ここはコーヒーも美味しんです。

 

 

 

 

 

 

遺言の探し方(公正証書遺言の場合)

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

先日お客様から質問がありました。それは、
「亡くなった人が遺言を書いていたか分かりません。調べることができますか?」
という内容でした。

遺言が「公正証書遺言」であれば簡単に調べることができます。
最寄りの公証役場に行って「遺言書の照会」を依頼すれば、亡くなった方が遺言書を作成していたか調べることができます。
作成した公証役場ではなくても大丈夫です。
最寄りの公証役場で、全国すべての公証役場で作成したものを調べることができますよ~便利ですよね。でも平成元年より前の昭和の時代に作成した遺言は調べることができないですけど。

なお、公証役場で遺言書の照会を依頼(遺言書を調べる)ができるのは相続人だけです。 または相続人から代理を受けた人です。
私も相続人からの委任を受けて調べたことがあります。

遺言書の照会を依頼する場合、亡くなったことがわかる書類(戸籍とか)が必要となるので、事前に公証役場に問い合わせてください。

でも注意して下さい。最寄りの公証役場で遺言書の照会をしても、ここで分かるのは作成した公証役場や作成年月日のみで、内容は分かりません。
遺言の内容を知りたい場合は、作成した公証役場に行って公正証書遺言の謄本を請求します。謄本つまり写しですね、これで遺言の内容が分かります。
ちょっと手間だと思ったら、近くの司法書士に相談して下さいね。

ちなみに、亡くなる前は・・・・本人しか調べることができません! ←当然です。遺言の内容が分かってしまいますから。

年末年始に親戚が集まって、遺言書の話題になったら思い出して下さい。って普通そんな話題になりませんね。

 

写真は一宮市のHang out coffee のショートケーキです。
スポンジの間のクリームはカスタード、デコレーションの生クリームは甘すぎず軽くて、このクリームのコンビネーションが絶妙。スポンジも美味しい!

 

 

 

 

 

 

 

年末ですね。贈与の登記は年内中に申請を。

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

12月も中旬ですね。前回のブログの更新が8月でしたから、久しぶりになってしまいました。
ちょっと反省です。これからは少しだけマメに更新します。

12月は世間も慌ただしくなりますが、司法書士の仕事も忙しくなります。年内中に不動産を売買したい方とがいますからね。

そして12月は不動産を贈与した方の登記が増えます!
贈与税は、1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価格により課税されます。ですから今年に不動産を贈与した場合は、年内中に贈与の登記を終わらせる場合が多いです。
不動産は名義変更しないと「所有者が変わった」と第三者(税務署とか)から分かりませんから。本当に今年に贈与したの?なんて疑われる可能性だってありますからね。
それに固定資産税は1月1日に所有者である人に納税通知がきますから、年内中に申請しておいた方が便利です。

法務局の年内申請の受付は12月28日までですから、今年に不動産を贈与した方や贈与したい方は急いで下さいね。

 

酉年の今年もあとわずか。ということで写真は「ぴよりん」です。名古屋駅のカフェ ジャンシアーヌのケーキ。甘すぎず美味しいのですが、ぴよりんにスプーンをいれる瞬間がね、ちょっと可哀想です。

 

********************************
愛実司法書士オフィス

・相続についてのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
・贈与、生前贈与による名義変更登記や不動産の売買による名義変更登記、住宅  ローンを完済したときの不動産担保(抵当権・根抵当権)の抹消登記のなどのご依頼も承っております。
・会社登記(会社設立登記・役員変更・目的変更・社名変更・本店移転)のご依頼も承っております。
地域:名古屋市西区、北区、中村区、中区、東区、名東区など
名古屋市以外の地域:北名古屋市、岩倉市、春日井市、小牧市、江南市、大口町、扶桑町、豊山町、一宮市、稲沢市、犬山市、清須市、津島市、愛西市、蟹江町、弥富市、大治町、飛島村、各務原市、岐阜市、など

********************************