平成29年の遺言公正証書作成件数

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

ブログの更新が久しぶりになってしましました。
今回は、公正証書の遺言についてです。

先月、日本公証人連合会のHPに「平成29年の遺言公正証書作成件数」が掲載されてました。

平成29年の遺言公正証書作成件数について

平成29年の遺言公正証書の作成件数は、全国で11万191件。多いか少ないか、数字だけでは分かりませんね。
でも、平成20年の作成件数は7万6436件なので、そこからは1.44倍の増加です。
平成29年の死亡者数は134万4000人です。(厚生労働省の人口動態統計の年間推計より)
作成した年に死亡することは少ないとは思いますが、仮に作成した年に亡くなったとすると、死亡した100人のうち8人は遺言を公正証書で作成していることに。
私文書で遺言を作成する場合もあるので、そうすると遺言の作成数はもっと増えるわけで、遺言の作成は特別なことではなくなってきてます。

最近は、親との同居も少なくなり、亡くなる直前は施設にいることも少なくないなら、遺言は気持ちを伝える手段としても使われているかもしれません。

ちなみに、公証役場での遺言公正証書作成と保管の他に、法務省では法務局で遺言を保管する案を作成してます。
今年の国会に「法務局における遺言書の保管等に関する法律案」を提出してます。あまり話題にはなってませんが…。
これが実現すると、遺言がより身近になりますね。

法務局における遺言書の保管等に関する法律案http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00241.html

 

 

 

 

投稿者: megumi-office

愛知県名古屋市西区の上小田井駅近くで司法書士をしています。 会社の登記、相続、売買の名義変更などの不動産登記を中心です。 遺言のご相談も受けております。 また渉外登記(外国人の関与する登記や在外日本人の関与する登記)も対応しております。