謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

司法書士の林 潤(めぐみ)です。
1月7日なので新年のあいさつもギリギリですね。

私の正月の過ごし方は「家でまったりくつろぐ」です。
海外旅行も国内旅行にも行きません。

でも初詣には行きました。
名古屋の初詣といえば熱田神宮です。
そして商売繁盛として有名なのが、1月5日の熱田神宮 上知我麻神社の初えびすです。

熱田神宮の「初えびす」とは、
”「初えびす」は商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈る祭りで、上知我麻神社、大国主社、事代主社で執り行われます。午前零時の祭典にもかかわらず大勢の参拝者で境内は熱気にあふれ、「えびす」の一番札や「福熊手」を我先に受けようとする様は壮観です。”
―熱田神宮のHPより―

さすがに午前零時にお参りに行ったことはありませんが、すごい熱気みたいですね。午前零時になったと同時にお札や熊手を受けることができるのですが、我先にという熱気が凄いです。気になった方はYouTubeで探してみてください。

私は1月5日の午後から参拝しました。
それでも参拝者は多かったですね。スーツ姿の方も多いです。
この初えびすは面白い風習(奇習?)があり、初えびすでお札を受けたら、誰とも口もきかず寄り道もしないで家に帰るそうです。これ無理ですよね。
熱田神宮には屋台がたくさん出てますから、誘惑に負けてしまいます。ましてや誰とも口をきかずに帰ることはできません。

熱田神宮では初えびすは1月5日ですが、全国的には1月10日が多いみたいです。初えびすは十日戎(とおかえびす)とも言われるみたいです。

もう一つお正月ネタです。
今年は戌年ですね。
名古屋市西区には「伊奴(いぬ)神社」があります。戌年の初詣にぴったりの神社です。
この伊奴神社は673年に建立された歴史のある神社で、安産祈願でも有名な神社です。境内には犬石像もあるので、ぜひ参拝に訪れてみてください。

今回は仮想通貨の相続について書こうと思ってましたが、新年早々に相続についても….と思い、まったく関係ない地域神社ネタにしました。

 

投稿者: megumi-office

愛知県名古屋市西区の上小田井駅近くで司法書士をしています。 会社の登記、相続、売買の名義変更などの不動産登記を中心です。 遺言のご相談も受けております。 また渉外登記(外国人の関与する登記や在外日本人の関与する登記)も対応しております。