遺言の探し方(公正証書遺言の場合)

司法書士の林 潤(めぐみ)です。

先日お客様から質問がありました。それは、
「亡くなった人が遺言を書いていたか分かりません。調べることができますか?」
という内容でした。

遺言が「公正証書遺言」であれば簡単に調べることができます。
最寄りの公証役場に行って「遺言書の照会」を依頼すれば、亡くなった方が遺言書を作成していたか調べることができます。
作成した公証役場ではなくても大丈夫です。
最寄りの公証役場で、全国すべての公証役場で作成したものを調べることができますよ~便利ですよね。でも平成元年より前の昭和の時代に作成した遺言は調べることができないですけど。

なお、公証役場で遺言書の照会を依頼(遺言書を調べる)ができるのは相続人だけです。 または相続人から代理を受けた人です。
私も相続人からの委任を受けて調べたことがあります。

遺言書の照会を依頼する場合、亡くなったことがわかる書類(戸籍とか)が必要となるので、事前に公証役場に問い合わせてください。

でも注意して下さい。最寄りの公証役場で遺言書の照会をしても、ここで分かるのは作成した公証役場や作成年月日のみで、内容は分かりません。
遺言の内容を知りたい場合は、作成した公証役場に行って公正証書遺言の謄本を請求します。謄本つまり写しですね、これで遺言の内容が分かります。
ちょっと手間だと思ったら、近くの司法書士に相談して下さいね。

ちなみに、亡くなる前は・・・・本人しか調べることができません! ←当然です。遺言の内容が分かってしまいますから。

年末年始に親戚が集まって、遺言書の話題になったら思い出して下さい。って普通そんな話題になりませんね。

 

写真は一宮市のHang out coffee のショートケーキです。
スポンジの間のクリームはカスタード、デコレーションの生クリームは甘すぎず軽くて、このクリームのコンビネーションが絶妙。スポンジも美味しい!

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: megumi-office

愛知県名古屋市西区の上小田井駅近くで司法書士をしています。 会社の登記、相続、売買の名義変更などの不動産登記を中心です。 遺言のご相談も受けております。 また渉外登記(外国人の関与する登記や在外日本人の関与する登記)も対応しております。