生前贈与の名義変更手続きについて 第1回勉強会⑤

名古屋市西区の愛実司法書士オフィス 女性司法書士の 林 めぐみ です。

2月10日開催の第1回 相続・贈与の勉強会 土地の生前贈与の内容です。
① 贈与とは?
② 不動産を贈与したときにかかる税金と税金の控除について
③ 不動産の贈与の手続き
④ 贈与した場合、気を付けること
⑤ 生前贈与を考えてもいいケース

勉強会については第1回勉強会 不動産の生前贈与① 、 贈与とは?第1回勉強会② 、 生前贈与の税金は? 贈与税について 第1回勉強会③ 生前贈与の税金は?贈与税の他にも税金がかかるの? 第1回勉強会④ と書いてあります。前回は税金の不動産取得税、登録免許税、について書きました。今回は生前贈与した場合と、相続の場合について書く予定でしたが、③贈与の手続き について書きます。

③ 相続の手続き
不動産の贈与の場合、登記簿の名義を変更しないと第三者に分かりません。登記簿の名義を変更するには、法務局へ登記を申請をする必要があります。
この名義を変更する登記、つまり所有権移転登記の申請の代理を司法書士はします。
所有権移転登記に必要な書類は、登記識別情報(権利証)と贈与する方(贈与者)の印鑑証明書、贈与を受ける方(受贈者)の住民票です。この登記申請の時に登録免許税が必要となります。
法務局に登記を申請しても、その場では完了しません。通常1週間ほど処理期間があり、登記が完了したら登記簿の名義が変わり、新所有者の登記識別情報(権利証)が発行されます。
これで名義は変更され、手続きは完了です。贈与は売買と違い、不動産仲介が入らないのであっさりと終わりますね。

注意するが点として、贈与する土地が農地の場合、農地転用許可をとらないと登記は申請できません。許可書の添付がないと申請は却下されちゃいます。
また、贈与税は1月1日~12月31日の間の贈与に対して課税されるので、登記も年内に申請できるように、余裕をもって動いてく下さい。

登記簿の名義が変更されたら、来年の固定資産税は受贈者である新所有者が支払うことになります。 市役所や税務署に名義が変更したことを、申告する必要はありません。法務局から市役所・税務署に通知されます。
ただ、贈与税の控除を使う場合は、税務署への申告が必要になる場合もあります。これは税理士に聞いて下さい。
登記申請の手続きが分からない時は、司法書士に依頼して下さいね。

生前贈与の勉強会はまだまだ続きます。

写真は、岩倉市の昭和カフェ「いいかふぇ」さんの外観です。外観は昭和の民家で縁側もあり、ゆったりできます。室内には岩倉市の有限会社旗屋中島屋代助商店の鯉のぼり暖簾も飾ってあります。有限会社旗屋中島屋代助商店

 

     

********************************
愛実司法書士オフィス
相続についてのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
贈与、生前贈与による名義変更登記や不動産の売買による名義変更登記のご依頼も承っております。住宅ローンを完済したときの不動産担保(抵当権・根抵当権)の抹消登記のご依頼も承っております。
会社登記(会社設立登記・役員変更・目的変更・社名変更・本店移転)のご依頼も承っております。
地域:名古屋市西区、北区、中村区、中区、東区、名東区、守山区、昭和区、中川区、港区、緑区
名古屋市以外の地域:北名古屋市、岩倉市、春日井市、小牧市、江南市、大口町、扶桑町、豊山町、一宮市、稲沢市、犬山市、清須市、津島市、愛西市、蟹江町、弥富市、大治町、飛島村、各務原市、岐阜市、岐南町、笠松町、羽島市、坂祝町、可児市

********************************

投稿者: megumi-office

愛知県名古屋市西区の上小田井駅近くで司法書士をしています。 会社の登記、相続、売買の名義変更などの不動産登記を中心です。 遺言のご相談も受けております。 また渉外登記(外国人の関与する登記や在外日本人の関与する登記)も対応しております。