自己紹介②~司法書士として働きはじめる~

名古屋市西区の愛実司法書士オフィスの司法書士 林めぐみ です

前回は司法書士に合格するまでを書きました。今回はその後です。

司法書士に合格してから、私は愛知県一宮市のM法務事務所で司法書士として勤務することになりました。

司法書士に合格するまでは、勉強はしてきましたが、実務は全くしてません。
司法書士としての仕事は、この事務所で一から学び始めました。

M法務事務所では本当に色々な案件がありました。

不動産登記は、売買、贈与、相続、交換の所有権移転。家を新築した時の建物保存登記。住宅ローンを組む時の抵当権設定、完済した時の抵当権抹消。事業をしている方の根抵当権設定、根抵当権抹消などなど。
並べて書いても、色々あったな~と思い出します。
不動産については、一通り経験した感じです!

会社の登記は、株式会社設立、合同会社設立、役員変更、本店移転、目的変更、商号変更、有限会社から株式会社への移行、合併などなど。
会社の登記は、中小企業の株式会社の登記が多かったですが、これも色々ありました。

その他にも、債務整理、成年後見の申立、遺留分放棄、自己破産、裁判所関係の書類作成などなど。
M法務事務所には色々な相談があり、本当に様々な経験をしました。
これは、普通の会社では考えられないことばかりです。

また、M法務事務所の代表は、司法書士、土地家屋調査士、行政書士の資格を持っていましたので、司法書士業務だけでなく、その周辺業務も勉強することができました。
「登記」にも、司法書士と土地家屋調査士とでは、範囲が違います。
土地家屋調査士は、表題に関する登記を行います。これだけでは分からないですよね。 例えば、隣の家との境界かはっきりしない…なんて時は、土地家屋調査士になります。

行政書士関係も、例えば農地転用とかですね。
農地を宅地にする場合、自分の土地だから言って勝手に変えちゃうことはできません。各市町村の農業委員会に書類を提出して、農地から宅地に変更するんです。

このような、司法書士だけでは分からない事も、M法務事務所では経験を積むことができました!本当に感謝してます!!

このM法務事務所で6年間勤務して独立しました。
ざっくりとした、自己紹介ですね。
また、時々思い出したら、勤務時代の印象深い案件など紹介します。

この写真は、ミッドランドスクエアのピエールマルコリーニのチョコパフェ。
チョコレートが濃厚で美味しい! 値段もそれなりに・・・

img_4921img_4918